忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >逢坂の関へ行ってきました。
最終更新日 2017年02月27日 


◆ 逢坂の関へ行ってきました。

 
逢坂の関へ行ってきました。 2016年04月30日(土) 19時11分  
逢坂の関へ行ってきました。



百人一首にも登場する古文の世界における有名地です。

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関
夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ

逢坂の関は京都から東に向かう旅人が通る関所で、名前が「逢坂」であることから、「(男女が)逢う」という意味と掛けて歌に詠まれることが多いのです。



近くには蝉丸神社があります。
蝉丸は百人一首の「これやこの…」の句を詠んだ人ですね。

京都と滋賀の境あたりにあります。お近くにお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。
PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。


◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2017年02月 2017年03月 2017年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]