忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >割と単純な処理ながら
最終更新日 2017年10月31日 


◆ 割と単純な処理ながら

 
割と単純な処理ながら 2017年10月31日(火) 23時50分  
「など」という古文単語があります。

こなたかなたの御送りの人ども、寺々の念仏の僧など、そこら広き野に所もなし。

…と言う場合の「など」と、

など斯うは泣かせ給ふぞ。

…という場合の「など」。

品詞の面から言えば副助詞と副詞の違いで、
意味の面から言えば「~等」と「どうして」の違いです。
前者の「など」は現代語でも使うので分かりやすい。

「犬や猫などは動物の仲間です」

…という場合の「など」ですね。

と言うわけで、古文を読解する上で覚えなければならないのは後者の「など」です。

ただ、前者の「など」がもっぱら名詞の後につくので判別はしやすい。
…人間にはね。

機械にこの判別をやらせようとすると、前の単語が名詞か否かを判断するという作業が必要になり、これはなかなか難しい。
機械は何を持って名詞を名詞と判断するのか。
正直もうデータベースの問題です。データベースが完璧なら完璧なのです。
古文翻訳装置では、前の単語が名詞の辞書に登録されていれば名詞と判断し、無ければ名詞ではないと判断させています。
登録されていない単語、これを「未知語」と呼びますが、これについては、はい、とりあえずスルーします(^_^;)

辞書の充実、これが命ですね。

ちなみに最初に出した例文の訳ですが、

あちらこちらの葬送の人や、いろいろな寺から来た念仏を唱える僧侶などで、とても広い野原に隙間もない。



どうしてこのようにお泣きになるのであるか。

です。
PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。


◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2017年10月 2017年11月 2017年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]