忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >「辛い」と書いてなんと読む?
最終更新日 2016年12月31日 


◆ 「辛い」と書いてなんと読む?

 
「辛い」と書いてなんと読む? 2009年09月22日(火) 21時48分  

「つらい」と「からい」、両方とも漢字にすると「辛い」となります。当然と言えば当然なのですが……。

それじゃあ、「辛い」をインターネットで公開されている日英機械翻訳にかけたらどうなるか。


辛い。 →  It is severe.


どうやら、「つらい」の方で判断しているようですね。
まぁ、これだけでは判断のしようがありません。そこで…


それはとても辛い出来事でした。 → That was a very severe happening.
それはとても辛い食べ物でした。 → That was very hot food.



このあたりはさすがです。周りの文脈から判断してちゃんと訳し分けていますね。
おそらく、食べ物関係の単語が周りにあったら「からい」で判断するものと思われます。


さて、古文翻訳装置では「辛し」と入力するとどう出力されるかと言えば…。


辛し。 →  薄情である。


…でした。じゃあ…


この飯いと辛し。 →  この飯はとても薄情である


…食べようとしたら坂を転がっていってしまうおにぎりのような飯でしょうか。
いや、あのおにぎりは結果的にお爺さんに幸福をもたらしたのだから薄情ではなかった…?

とまぁ、何も考えていなかったわけです。申し訳御座いません。
Ver 3.0では修正したいと思います。
PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。
 

この記事にトラックバックする

  この記事へのトラックURL :
トラックバックは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。



◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2016年12月 2017年01月 2017年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]