忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >みんなでニホンGO!という番組を見たよ。
最終更新日 2017年06月30日 


◆ みんなでニホンGO!という番組を見たよ。

 
みんなでニホンGO!という番組を見たよ。 2010年07月24日(土) 12時28分  

テレビつけたら「やばい」って言葉についての特集をやってました。

http://www.nhk.or.jp/nihongo/

毎週木曜22:00~やってる番組のようです。

「やばい」という単語は元々危ない様子を表す単語だったのが、
現在はおいしかったりきれいだったりかわいかったりしたときに

やばい。

と言うそうな。「このラーメンやばい」って言ったらすごくおいしい。とか。
で、

・世界的にも負の意味から正の意味になった単語がある。
・枕草子や源氏物語でも「をかし」や「あはれ」といった多義語がでてくる。

といった理由から、一概に言葉の乱れとは言えないんじゃないかと。

そんな感じな内容でした。


だいだいいつの時代も言葉は「乱れ」るものですよねー。
ナウいとか既にナウくないし。チョベリバって今の小学生に通じるかな…。

だから今の「やばい」の使われ方自体は別にやばくないと思いますけど(笑)

多義語は機械翻訳に向かない

↑これ重要。

だっていろんな意味がある単語って前後の文脈から判断しないと意味が確定しないじゃないですか。

テストの前に「やばい」って言ったらテスト勉強してなくて全然自信がないって意味だろうし。
子犬を前に「やばい」っていったら子犬がかわいいって意味だろうし。

やばく自信がないのかやばくかわいいのか、判断できるのが人間のすばらしさ。

しかぁーし、古文にも「やばい」に対応する単語があったー!!

ゆゆし

暇な人は辞書で引いてみて下さい。

・恐れ多い
・恐ろしい
・忌まわしい
・程度がはなはだしい
・ひどい
・美しい
・すばらしい
・勇ましい

いっぱい意味がある。そして良いことにも悪いことにも使う。すばらしい。いとゆゆしき単語なり。
ってなわけで、どんな文脈で使われてるかわからなくても、とりあえず機械的に訳してます。

現代語→古文の翻訳は、なかなか適当な単語が思いつかなくて辞書作成が進みません…。
ぼちぼちやってくしかないかなぁ…。
PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。
 

この記事にトラックバックする

  この記事へのトラックURL :
トラックバックは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。



◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2017年06月 2017年07月 2017年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]