忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >百人一首第7句
最終更新日 2017年04月30日 


◆ 百人一首第7句

 
百人一首第7句 2013年08月29日(木) 22時51分  

[ 歌 ]

第七句 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも

阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)


[ 現代語訳 ]

大空を遠く仰ぎ見ると見える月は、昔見た、春日の三笠山に出た月と同じ月であるのだなあ


[ 品詞分解 ]

天の原【名詞】 ふりさけ【カ行下二段活用動詞「ふりさく」連用形】 見れ/ば【マ行上一段活用動詞「見る」已然形+接続助詞】 春日【名詞:春日】 なる【存在の助動詞「なり」連体形】 三笠【名詞】 の【格助詞】 山【名詞】 に【格助詞】 出で/し【ダ行下二段活用動詞「出づ」連用形+過去の助動詞「き」連体形】 月【名詞】 かも【終助詞】


[ 文法 ]

・「春日なる」の「なる」は存在の助動詞で「春日(今の奈良県)にある」と訳す。
・「出でし月かも」の「かも」は終助詞で、しみじみと感じ入っている様子を表す。

[ 読み人 ]

当時は唐という国が支配していた今の中国大陸で、官僚を務めた日本人である。当時の官僚試験は非常に難易度が高く、それに合格したと言うことはかなりの天才だったと言えよう。日本で生まれ、10代の頃に中国大陸に渡った後は、二度と日本へと帰ることはなかった。何度か日本に帰ろうとするも、船の難破などで帰国を果たせず、唐の地で亡くなっている。百人一首に取り上げられている歌は、唐の地で月を見て、故郷を思い出しながら詠んだ歌である。


[ 決まり字 ]

3字


[ 解説 ]
この歌を理解するには、日本への帰国を試みつつも果たせず亡くなった作者、阿倍仲麻呂の人生について知っておく必要がある。この歌は、日本への帰路に詠んだ歌とされており、これから帰ろうとしている故郷を思って詠んだ歌なのである。帰国途中に見えた月は、昔故郷で見た月と同じであり、これからその故郷に帰ると思うと、非常に感慨深いものがあると感じ入っている様子がうかがえる。
PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。


◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2017年04月 2017年05月 2017年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]