忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >百人一首第5句
最終更新日 2017年04月30日 


◆ 百人一首第5句

 
百人一首第5句 2013年03月31日(日) 03時35分  
[ 歌 ]

第五句
奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき

猿丸大夫


[ 現代語訳 ]
紅葉が散る山奥で、その紅葉を踏みわけて鹿が鳴いている。その声を聞くと秋の悲しさがますます強く感じられる。



[ 品詞分解 ]
奥山【名詞】 に【格助詞】 紅葉【名詞】 踏みわけ【カ行下二段活用動詞「踏みわく」連用形】 鳴く【カ行四段活用動詞「鳴く」連体形】 鹿【名詞】 の【格助詞】 声【名詞】 聞く【カ行四段活用動詞「聞く」連体形】 時【名詞】 ぞ【係助詞】 秋【名詞】 は【係助詞】 悲しき【シク活用形容詞「悲し」連体形】


[ 文法 ]
・声聞く時「ぞ」 秋は「悲しき」で係り結び。


[ 読み人 ]
三十六歌仙のひとり。記録がほとんど残っておらず、その素性は謎が多い。「猿丸」が名字で「大夫」が名前かと言えばそうではなく、大夫とはある程度高い官位にある(五位以上)の男性官吏を指す称号であり、実際の所名前もよくわかっていない。そもそも、実在した人物なのかすら定かではない。柿本人麻呂と同一自分つではないかという説もある。しかしながら、各地に伝説は残っており、猿丸太夫を祭った神社や猿丸大夫の墓などを見ることが出来る。


[ 決まり字 ]
2字


[ 解説 ]
秋の物寂しさを詠んだ歌。鹿にとって秋は恋の季節であり、この歌に詠まれた鹿の声とは、牡鹿が牝鹿を求めている声と思われる。人里離れた山奥で、恋の相手を求めて鳴いている鹿の様子を自分と重ねあわせ、秋という季節が持つ寂しさを、より強く感じている様を呼んだ歌である。
PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。


◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2017年04月 2017年05月 2017年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]