忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >百人一首第3句
最終更新日 2017年02月27日 


◆ 百人一首第3句

 
百人一首第3句 2012年08月30日(木) 21時37分  
百人一首解説シリーズ第3弾。
…これ百首行くのにどんだけかかることやら。

[ 歌 ]

第三句

あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし世を ひとりかも寝む

柿本人麻呂

[ 現代語訳 ]

山鳥の尾のように長い夜を、ひとりで寂しくねるのだろうなあ。


[ 品詞分解 ]

あしびきの【名詞】 の【格助詞】 山鳥【名詞】 の【格助詞】 尾【名詞】 の【格助詞】 しだり尾【名詞】 の【格助詞】 ながながし【ク活用形容詞「ながながし」終止形】 世【名詞】 を【格助詞】 ひとり【名詞】 か【係助詞】 も【係助詞】 寝/む【ナ行下二段活用動詞「寝」未然形+意志・推量の助動詞「む」連体形】

[ 文法 ]
・「あしびきの」は「山」に係る枕詞。
・「ひとりかも寝む」の「か」と「寝む」で係り結び。「寝む」は連体形。


[ 読み人 ]
柿本人麻呂は万葉の歌人で、三十六歌仙のひとり。歌聖と言われる万葉歌の第一人者である。記録が残っていないため、生年や没年など多くが謎に包まれているが、万葉集などの歌集に多くの歌を残している。枕詞などの技法を駆使した歌が多いのが特徴。百人一首に選ばれた歌も、最初の一七文字を序詞として用いており、その特徴が現れている。

[ 決まり字 ]
 2字


[ 解説 ]
 山鳥のつがいは、昼間一緒に行動するが、夜になると別れて眠ると古くから言われており、夜ひとりで居る寂しさを象徴するものとして歌には良く登場する。また、山鳥の尾は非常に長く、その長さと夜の長さを重ね合わせている。そして、その山鳥の尾のように長い夜を、山鳥のようにひとり寝るのだなぁと、自分の様子を山鳥に例えて詠んでいる歌である。「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の」までは後半を導くための序詞で、この歌は序詞を用いた歌の典型例である。
PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。


◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2017年02月 2017年03月 2017年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]