忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >百人一首第19句
最終更新日 2017年09月30日 


◆ 百人一首第19句

 
百人一首第19句 2017年04月30日(日) 23時05分  
このシリーズでは百人一首を順に解説していきます。
ゆくゆくは百首全ての解説を目指します。

[ 番号 ]
第十九句

[ 歌 ]
難波潟 短き蘆の ふしの間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや

[ かな ]
なにはがた みじかきあしの ふしのまも あはでこのよを すぐしてよとや

[ よみ ]
なにわがた みじかきあしの ふしのまも あわでこのよを すぐしてよとや

[ 現代語訳 ]
難波潟(大阪付近の海)に生えている蘆の、その短い節の間(のように短い時間)さえも(あなたに)逢わないで生きていろと(おっしゃるのですか)。

[ 品詞分解 ]
難波潟【名詞】 短き【ク活用形容詞「短し」連体形】 蘆【名詞】 の【格助詞】 ふし【名詞】 の【格助詞】 間【名詞】 も【係助詞】 逢は/で【ハ行四段活用動詞「逢ふ」未然形+打消の接続助詞】 こ/の【名詞+格助詞】 世【名詞】 を【格助詞】 過ぐし/てよ【サ行四段活用動詞「過ぐす」連用形+完了の助動詞「つ」命令形】 と【格助詞】 や【係助詞】


[ 文法 ]
・「難波潟 短き蘆の」は「ふしの間」を導く序詞。
・「ふしの間」は「蘆の節の間」と「短い時間」という二つの意味を持つ掛詞。
・蘆、ふし、世は縁語。
・「過ぐしてよとや」の「や」は係助詞なので後に連体形の結び(「言ふ」など)が続くはずだが省略されている(結びの省略)。


[ 読み人 ]
伊勢(いせ) [女性]

平安時代の女流歌人で、三十六歌仙のひとり。父が伊勢守(いせのかみと読む。さしずめ現在の三重県知事と言ったところか)だったため、伊勢と呼ばれるようになったようだ。古今和歌集などにも多くの歌を残している。同じ三十六歌仙のひとり「中務」の母でもある。恋多き女性で恋の歌を読むのが得意であったようだ。


[ 決まり字 ]
4字

[ 解説 ]
「蘆(あし)」は水辺に生える背の高い植物である。その茎には竹と同じように節がある。その節の短さと、時間の短さとを掛けて、少しも会ってくれない男性に対する気持ちを歌った歌である。蘆の短い節のようにほんの少しの時間会ってくれるだけでも嬉しいのに、全く会いに来てくれない。全く会わないまま一生を過ごせというのですか、いいえ、違いますよね。そんな女性の気持ちを込めた歌である。
PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。


◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2017年09月 2017年10月 2017年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]