忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >世の中に たえて桜のなかりせば 春の心は のどけからまし
最終更新日 2016年12月31日 


◆ 世の中に たえて桜のなかりせば 春の心は のどけからまし

 
世の中に たえて桜のなかりせば 春の心は のどけからまし 2015年03月30日(月) 22時01分  

そろそろ今年も桜の季節。

「世の中に たえて桜のなかりせば 春の心は のどけからまし」
(もし、世間に全く桜がなかったならば春の心は穏やかであるだろうに)

桜を読んだ有名な歌です。
桜が咲くのを今か今かと待ち、咲いたら咲いたで桜が散ってしまうのを残念に思う。
桜が無ければもっと心穏やかでいられるのに。
桜によって動かされる心が題材ですね。

ご存じだった方も多いでしょうが、
せっかくなのでこの機会にこの歌とその意味を覚えてみてはいかがでしょう。
最後の「まし」は反実仮想の助動詞で、古典文法的にも良く出てきますので。

PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。


◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2016年12月 2017年01月 2017年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]