忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >開発中古文翻訳装置Ver3.1の新機能
最終更新日 2017年02月27日 


◆ 開発中古文翻訳装置Ver3.1の新機能

 
開発中古文翻訳装置Ver3.1の新機能 2014年02月28日(金) 00時14分  
どうもです。宮澤でございます。

公開する公開すると言っておいて全く公開できていない次期古文翻訳装置ですが、
ちまちまは開発してます、いちおうは。

というわけでちょっとだけ新機能をご紹介。
…まぁちょっとしかないんですけど。

品詞分解の時の訳出の情報量を選べるようにしました。
お使いいただいてる方からご要望を頂いておりまして、その機能を実現いたしました。

例えば「君に会いたいときはどうする?」という文章を品詞分解する場合、
以下の3パターンから選べるようになります。

1.品詞情報のみ表示
君【名】に【格助】会い/たい【ワ五動「会う」用+希望助動「たい」連体】とき【名】 は【係助】どう【副】する【サ変動「する」終】? 

2.訳語のみ表示
君【汝】に【に】会い/たい【會ひたき】とき【とき】は【は】どう【いかに】する【す】? 

3.品詞情報と訳語を表示
君【名:汝】に【格助:に】会い/たい【ワ五動「会う」用+希望助動「たい」連体:會ひたき】とき【名:とき】は【係助:は】どう【副:いかに】する【サ変動「する」終:す】?

参考に設定画面と翻訳画面。


例は現代文→古文の現古翻訳ですが、古文→現代文の古現翻訳でも同様の処理が可能です。

無事公開されることを月に星に願いつつ今しばらくお待ち下さい。
PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。


◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2017年02月 2017年03月 2017年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]