忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >言えなかった…
最終更新日 2017年04月30日 


◆ 言えなかった…

 
言えなかった… 2009年04月01日(水) 23時37分  
新しく買ったBlu-rayレコーダーで何を録画するかと言えばそれは…
古文翻訳装置に「言えなかった」と入力してみたら認識しませんでした。
現代文を古文に直す機能において、です。

ここで重大な事実を見落としていたことに気がつきました。
日本語には可能動詞という種類の動詞があるということを。


さて、可能動詞とは、何か?
簡単に言えば「読む→読める」「書く→書ける」「死ぬ→死ねる」というような…
つまり、~することが出来ると言う意味を表す動詞です。

きみのためなら死ねるのように使うわけですね。


で、問題は、
可能動詞は五段活用動詞が下一段活用動詞に変化して生じた物なので、元の五段動詞だけ古文翻訳装置に登録しておいても、可能動詞は訳出できるようにはならないという点です。可能動詞を別に登録するか、プログラムによって五段動詞のデータを加工して下一段動詞を作り出してやらねばなりません。まぁ、結局のところ前者は手間がかかりすぎるので後者を実行するよりほかに可能動詞を扱う道はないのです。ちなみに、古文から現代文に訳す際は、可能動詞というものが古文の世界になかったので全然問題にならなかったのでした。ああ、今思えばあの頃が幸せだった。

作らないと処理できない日本語が増えてしまいますので、仕方がない…今から作ります。
PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。
 

この記事にトラックバックする

  この記事へのトラックURL :
トラックバックは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。



◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2017年04月 2017年05月 2017年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]