忍者ブログ
古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ開発者ブログ >グーグル日本語入力の実力 その2
最終更新日 2016年12月31日 


◆ グーグル日本語入力の実力 その2

 
グーグル日本語入力の実力 その2 2010年01月31日(日) 23時55分  


グーグルが公開した日本語入力ソフト「グーグル日本語入力」。

今日は、そのサジェスト機能について考察します。
前回の記事↓の続きです。

 http://kobun.blog.shinobi.jp/Entry/73/

サジェスト機能ってのはいわゆる予測変換ってやつです。
今どきの携帯電話にはついてるのが当たり前になりましたね。
で、グーグル日本語入力がサジェストしてくれる候補がヒドいという話です。

すでにインターネット上にはいろいろと情報が出ていますので、
改めて紹介する必要もない気がしますが、とりあえずご紹介。

以下、多少お見苦しい表現を含みます。
しかし、悪いのは私でなく、グーグル日本語入力ということにしといてください。



ちなみに、予測変換の画面はこんな感じです。

sample00.png

タブキーとエンターキーで確定できます。
操作は快適です。



■ 入れた手のお茶 ■

 いれたてのおちゃ → 入れた手のお茶 です。

sample03.png

昔ATOKのCMでジャストシステムが使ってたやつですね。
今でもATOKには「いれたて」→「入れた手」という変換候補がわざと残してあるそうな。
(出典はWikipediaなのでほんとにわざとなのかどうかはわかりませんけど)

ただ、グーグル日本語入力は「入れた手のお茶」しか変換候補に出てきません。
「入れたてのお茶」を変換候補に出してくれないと困るのですが…。


■ 汚名挽回 ■

sample02.png

「汚名返上」と「名誉挽回」を混同して出来た語らしいです。
グーグル日本語入力ではサジェストにこの候補が出てきます。
もちろん意味が通じないわけではないですが…。
あと、「的を得る」も同じような扱いがされています。
正しくは「当を得る」「的を射る」ですが…。
グーグル日本語入力を使う際は、気をつけていないと日本語として正しくない候補をサジェストされる危険があります。
ATOKだと、誤用だって教えてくれるんですけどね…。

 ■ 一五一会 ■
sample04.png
BEGINのメンバーが考案した楽器の名前だそうですが…。
「いちごいちえ」と打ったら、やっぱり一番には「一期一会」が出てきて欲しいですね。
急いで打ってる時などは誤変換のもとになりそうです。
 

■ アルトくぅーん ■
「ある特定の」という文字列を打ち込もうとして、「あると」まで打った時の話。

↓表示されたサジェスト。

sample05.png

アルトくん、アルト君、アルトくぅーん

なんだよこれアルト君て誰だよスズキの車なのか混声合唱か?

推測するに、「マクロスフロンティア」ってアニメーション作品の登場人物だと思われます。
彼を好きな女の子が「アルトくぅーん」ってな調子で彼を呼んでるわけですね。

それはいいけどそんな予測変換候補を望むやつが日本に何人いるんだか。


以下自主規制です。反転すれば読めますが、あまり公にさらすもんじゃありません。
資料として掲載はしておきます。スクリーンショットはこちら

■ 真由美ちゃん ■

危機一髪と変換した時のお話。

「危機一髪真由美ちゃん」というサジェストが出てきた。
今度は真由美ちゃんか…。で、真由美ちゃんて誰だ?
なんかものすごくいかがわしい香りがするんだけど…。

「危機一髪真由美ちゃん」がなんなのか知りたい方はネットで検索してみてください。
(ただし検索することを推奨するものではありません)


■ わたしたちの田村くん ■

田村くん…か。「わたしたちのために」と入力しようとして表示された候補。
「田村くん」が誰なのか知りたい方はネットで検索してみてください。
(ただし検索することを推奨するものではありません)

■ こんな娘が ■

「こんなことを」という文字列を打ち込もうとして「こんなこ」まで打った時の話。
サジェスト機能で「こんな娘がいたら僕はもう」と表示されます。

こんな娘がいたら僕はもう…なんなんですか?

「こんな娘がいたら僕はもう」がなんなのか知りたい方はネットで検索してみてください。
(ただし検索することを推奨するものではありません)


■ 姉は一級建築士 ■

 耐震偽装で問題となった姉歯一級建築士ですが、

あねはいっきゅうけんちくし

と入力しても

姉は一級建築士

しか候補に出てきません。
「姉は一級建築士」がなんなのか知りたい方はネットで検索してみてください。
(ただし検索することをおすすめするものではありません)


あと、予測変換ではないけれど、「あおいそら」の第一変換候補が「蒼井そら」なのも何とかした方がいいと思います。「蒼井そら」が誰なのかはネットで検索してください。(ただし検索することを推奨するものではありません)

…こんな候補を出す変換ソフト、学校や会社など公的な場所で使えねぇよ。
まだ他にどんな地雷的変換候補が潜んでいるかわかったもんじゃありませんよね。
うちでこっそり使うぶんには面白いかもしれませんが…。

やはり、インターネットから探してきた文章だけをもとにしない方がいいかと。
不都合な推測変換候補は削除してもらわないと困りますよね。

PR

コメント(0) [コメントする]  

トラックバック(0) [トラックバックする]  


 

この記事にコメントする

個人情報は、必要な範囲内でご記入下さい。コメント本文以外は空欄でも構いません。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。
 

この記事にトラックバックする

  この記事へのトラックURL :
トラックバックは承認制となっております。投稿後しばらくして表示されます。詳しくは利用規約を御覧下さい。



◆ 情報早見表

◆ 来客数

◆ カレンダー
2016年12月 2017年01月 2017年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

◆ カテゴリー

◆ RSS

◆ ブログ内検索

◆ 月別索引



◆ 最新コメント

◆ 広告


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター

忍者ブログ [PR]